はじめましての挨拶

CURATOR'SGuild(キュレーターズギルド)王様の手札(キングスタクト)のマスターKing(キング)のブログ記事のアイキャッチのために用意した画像

はじめまして。

King(キング)です。

…と言っても、別に王様気取りをするつもりはないです。

ただ、あまりキングの役割はそんなに多くない。

メンバーを見守りつつ、王冠というか飾りというか。

万が一でも誰か他の人間に上に立たれる前に、先にその駒を取ったという気持ちが強いです。

昔から「猿山の大将」みたいなポジションになりたがっていたような気がする。

自分のコントロールを自分でしたいという気持ちが強いのはたしかです。自立心が強いってやつでしょうか。

思いついたらたまに組織論の本の感想とか、ゲーム理論の本の感想とか、

ひとつふたつ上の段から俯瞰して見るような、そういう感覚を養うような記事を書いていこうかなと思います。

基本は全体のバランスを見つつ、宣伝とか、裏方を固めるような動きをする予定です。

SPONSORED LINK

Curator’s Guild(キュレーターズギルド)王様の手札(キングスタクト)とはなんだ

Curator’s Guild(キュレーターズギルド)「王様の手札(キングスタクト)」

まずはギルドの名前の王様の手札が思いつきました。キングスタクトはサイトURLを考えている時にたどり着きましたが、英語の「king(王様)」とドイツ語の「takt(指揮棒)」という言葉を合わせた造語です、しかもなぜか「手札(てふだ)」という日本語に対して。チグハグです。

理由は声に出してみて語感が気に入ったから。それだけです。

王様の手札。キングスタクト。略して「王手」 。

このネーミングの良いところは、「好きな時に好きなだけメンバー(ブログやWebサイト)を増やせる」

ということです。

ただ、「何の」ギルドにするかというのをずっと考えていました。

ブログ記事をたくさん書いてるならブロガーでいいじゃん、とも思っていましたが

どうも響きがしっくり来ない。(しかも後で調べたら、もうそういうギルドは別であるらしい)

そしてやっと、

「キュレーター」という言葉にたどり着きました。

Curator(キュレーター)は、

Curation(キュレーション)をする人のことらしいです。

curationとは、情報を選択して、集めて、整理することだったり、収集した情報を編集し、そこに新たな意味や価値を付与する作業のことらしいです。

情報をセレクトしてコレクションして、整理整頓。そして付加価値をつける。

「…まさしくブロガーそのものじゃないか」と思いました。

更に調べると、一般的にキュレーターは学芸員とも言われ

博物館や美術館で収集・整理整頓・展示・保存管理などを行う人を指すみたいです。

なにそれカッコいい、と。

情報やコンテンツが溢れているこの現代社会で、

選んで集めて整理整頓して、まとめたり近道を作ったりして付加価値をつける。

これはまさにぼくがやりたいと思ったことです。

そしてあわよくばたまには、起死回生の一手をクリエイトしたい。

クリエイターとキュレーターってつづりも似てるんですよ。CreatorとCurator。

そんなところも気に入りましたね。

わりと安直な理由で、

Curator’sGuild(キュレーターズギルド)に決めました。

はじめは安直で良いんです。そこからどうするかが大事。

なぜならぼくがキングだから。

さあ、ゲームスタートだ。

SPONSORED LINK
King

King

ギルドマスター👑

読んでくれてありがとうございます。King(キング)といいます。キュレーターズギルド「王様の手札」マスターです。メンバーのブログ記事の宣伝をよくやります。心理・技能・組織論などの本を読書するのが趣味。読んだ本やYouTubeを見まくってかしこさ上げていきたい。口コミや評判が良いおすすめレビューされてる作品やアイテムを実際に買ってやってみたり感想書いたりもしてます。調べ屋。試し屋。フォローやブックマーク、シェアしてくれたら嬉しいです。《装備》使命の剣/技工の盾/革命の鎧/暁のマント/企みの兜/役割の指輪/進撃の書

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事